にしで接骨院のロゴ

スマホトグルメニュー、開閉ボタン

Copyright © 桐生にしで鍼灸接骨院 All rights reserved.

何かを持ち上げたら肘が痛む

一般

肘の痛みで多い症例として外側上顆炎、俗にいうテニス肘があります。
この外側上顆炎の原因とは?

手首を動かす時に使う筋肉は主に手首から肘にかけて付着しています。その筋肉が収縮され手首の運動が行われているわけですが、
テニスなどでボールを打つ際に加わるインパクトの衝撃が繰り返しその筋肉の付着部に加わることで炎症を起こしてしまう。
これが外側上顆炎の原因です。

この外側上顆炎は、テニスだけで発症するものではなく、物を繰り返しもちあげたり、パソコンのキーボードを長時間打ち続けたりしても発症します。
この外側上顆炎ですが自然に治ることは希で、放置していると、症状が長く続く場合が多いです。
また、さらに悪化してしまうと握力まで低下してしまうことがあります。

当院では、この外側上顆炎の治療としてまず強い痛みにはハイボルテージ電気治療をおこない痛みの緩和を図ります。
その後は、痛みが出ている筋肉を特定し、その筋肉に負担をかけている筋膜や靱帯、関節などを調整し回復力の向上を図ります。
調整の方法としては、超音波治療をはじめマッサージや筋膜リリース等の手技による治療を行います。
最後に、日常生活にて負荷をできるだけ最小限にするためサポーターを装着していただきます。
このような治療を継続していき

肘の痛みについてお悩みに方は、ぜひ桐生にしで鍼灸接骨院までお越しください。

〒376-0021 
群馬県桐生市巴町2丁目5−19 織姫ビル 1F

〔駐車場案内〕

  • ・「JR桐生駅南口」より信号直進、「当院ビル裏に駐車場3台有り」
  • ・「JR桐生駅南口」より信号直進、「東進衛生予備校様 裏に駐車場6台有り」

カラダの不安や悩みお気軽にご相談ください

駐車場がわからない方は、以下にご連絡ください。ご説明いたします。
0277-46-9992
メールフォームでご相談

Copyright © 2016- 桐生にしで鍼灸接骨院 All rights reserved.

にしで接骨院のページトップボタン