にしで接骨院のロゴ

スマホトグルメニュー、開閉ボタン

Copyright © 桐生にしで鍼灸接骨院 All rights reserved.

ぎっくり腰の正体②

一般

ぎっくり腰と言われる腰の痛みは大きく2種類あるといわれています。
前回、①でご説明させて頂いた筋筋膜性腰痛のほか椎間関節性腰痛があります。

この椎間関節性腰痛とは、背骨(腰椎)どうしを連結している袋状の軟部組織である関節包の損傷からくる痛みで、
原因としては、筋筋膜性腰痛と同様に疲労等により柔軟性が低下した腰部の状態で重量物を持ち上げたりすることで起きます。
簡単に言うと腰椎の関節の捻挫という事になります。

当院では、この症状が強く出た場合はアイシングをします。
そのあと、人間の組織を細胞レベルで回復を働きかけることができるマイクロカレントという特殊な低周波治療器を使用します。
次に、痛みの緩和が見込める低周波治療器のハイボルテージ治療を行います。
最後に、コルセットを装着してもらい捻挫状態に陥っている腰部の安静を保つようつとめます。

ぎっくり腰については様々なサイトで独自の治療法が掲載されています。中には何もしないで安静にしているのが一番早く治る方法と掲載しているサイトもありますが、当院ではこれが早期の回復に向かうベストではないかと考えています。

椎間関節性腰痛かなと思った際はぜひ桐生にしで鍼灸接骨院までお越しください。

全力でサポートいたします!!!

〒376-0021 
群馬県桐生市巴町2丁目5−19 織姫ビル 1F

〔駐車場案内〕

  • ・「JR桐生駅南口」より信号直進、「当院ビル裏に駐車場3台有り」
  • ・「JR桐生駅南口」より信号直進、「東進衛生予備校様 裏に駐車場6台有り」

カラダの不安や悩みお気軽にご相談ください

駐車場がわからない方は、以下にご連絡ください。ご説明いたします。
0277-46-9992
メールフォームでご相談

Copyright © 2016- 桐生にしで鍼灸接骨院 All rights reserved.

にしで接骨院のページトップボタン