にしで接骨院のロゴ

スマホトグルメニュー、開閉ボタン

Copyright © 桐生にしで鍼灸接骨院 All rights reserved.

桐生にしで鍼灸接骨院 Q&A

桐生市・みどり市で
接骨院をお探しなら、桐生にしで鍼灸接骨院にご相談ください

一般 走ったりジャンプをするとすねが痛い

開くボタン

走ったりジャンプをした際の着地時にすねの内側が痛くなる疾患としてシンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)があります。
筋肉は、骨を覆っている骨膜という強靭な繊維でできた膜に付着しています。その付着している筋肉に力が入り収縮することで骨を動かし関節の運動を行います。
シンスプリントとは、その付着部である骨膜が関節運動により繰り返しけん引され炎症を起こしてしてしまう疾患です。


原因としては、部活動に入りたてで急に運動量が増えたり、靴底が偏って減った状態でランニングを繰り返し行ったり、偏平足だったり、ふくらはぎの筋肉の柔軟性が低下している状態で運動を繰り返しおこなったりと数え上げればきりがない程あります。


そのまま我慢して運動を続けているとやがて骨膜が骨折してしまったと勘違いをしてしまい、骨の修復作業を行いはじめ患部が膨れあがった状態、つまり骨折時と同じような症状が出現してしまいます。これが疲労骨折です。
疲労骨折になってしまうと、歩行時にも痛みが生じ運動ができない状態になりしばらく運動ができなくなってしまいます。

つまり、シンスプリントとは極端に言うと骨折(折れてはいませんが)の初期症状という事ができます。
これは、アスリートとしてかなり深刻な状態です。


当院の治療として、骨折治療の際に用いるライプスという超低出力超音波治療機を使用しております。
ライプスとは骨折時に使うと回復時間が約40%減らすことができると報告されている機器で、当院ではシンスプリントにも使用しております。
通常では骨折以外に使用しない機器ですが、シンスプリントについても回復に期待ができ、また副作用が極めて無いに等しいことから当院では使用して施術をおこなっています。
また、骨膜を引っ張ている筋肉について立体動態波という特殊低周波治療器を使って柔軟性を向上させ患部の負荷を低下させていきます。
そのほか、運動フォームや負荷をかけている関節のバランス異常、靴底の減りなど、そもそもの原因を探り改善へとアドバイスさせていただきます。

シンスプリントは小さい負荷が繰り返しかかり少しづつ痛みが生じてくる疾患であり、回復させるのもやはり根気よく施術するのが必要になることが多い疾患です。

桐生にしで鍼灸接骨院スタッフ一同、根気よくサポートさせていただきます。

是非、お越しください!!!

 

 

ムチウチ 交通事故に遭ってから痛みと首の張りがつらい

閉じるボタン

交通事故後に首の痛みと張り感がつらい、、

それはむち打ちなっている可能性が大です!

交通事故のお怪我で一番ポピュラーで多いのがむち打ちです。
むち打ちをした後、何年にもわたって首の張りがつらく、触ってみるとパンパンの状態になっているという方が多くいらっしゃいます。
このような場合、併せて鈍痛という重痛く感じる症状や頭痛、吐き気なども出現し日常生活や仕事に大きな弊害をもたらしてしまいます。

なぜ、むち打ちは何年にもわたって症状が出てしまうのでしょうか?

それは、初期治療にあります。

むち打ちは大体が首の筋肉の損傷と頸椎の靱帯の捻挫が主な原因です。
その損傷した状態に対して最初からむやみやたらにマッサージやストレッチを行ってしまうからなんです。

人間の体は、損傷をすると防御反応を起こし筋肉を固い状態にすることがあります。
それを筋性防御といい首に対してもその現象がおこるとされています。
その状態の首にマッサージを行うという事は、せっかく固くなって防御をしている筋肉を緩めることになります。
そして、さらにより強固な筋性防御を行ってしまいます。
そして、さらに固くなった筋肉をマッサージでほぐす。また筋性防御により筋肉が強固になる。

このような悪循環がはたらきパンパンの張り感のすごい首になってしまうわけです。

ではどうしたらよいのでしょうか?

当院では、まず頸部の辛い痛みや不快感には手技によるマッサージをせず、
筋肉に対して低負荷で筋肉の張り感を緩和させる超音波治療、痛みの緩和についてはハイボルテージ治療、治癒能力を促進させるマイクロカレント治療を行います。
そして、首に対して負荷がかかりやすい部分(胸椎や肩関節または腰部)等に対して関節調整やバランス調整を行い
日常生活動作等の際に首にかかる負担を緩和させる施術を行っていきます。

やがて、症状が緩和して回復がみられてきたと判断ができたらマッサージやストレッチ等を行い首本来の柔軟性のある弾力のある筋肉になるよう施術を行っていきます。

首は、一歩間違えて治療等を行うと症状は悪化し回復が難しくなるデリケートな部分です。
交通事故に遭ってしまい、むちうちになってしまった場合は、桐生にしで鍼灸接骨院で是非お越しください。

全力でサポート致します!!!

交通事故 交通事故直後に痛みが出ない原因

閉じるボタン

交通事故後に痛みが出ないから相手方に大丈夫であると意思表示をしてしまった。
しかし、家に帰ってからなど数時間~数日たって痛みが出現するということは非常に多くあります。

なんで時間が経ってから痛みが出現するのでしょうか?

それは、人間は交通事故等で興奮状態になると痛みを感じにくくなるからなんです。

興奮状態になると痛みが感じにくくなる体の仕組みは次の通りです。

興奮状態になる→自律神経(交感神経)が興奮する→副腎髄質からアドレナリンが分泌される→アドレナリンの影響で痛みが鈍く感じる。

これが、事故後に痛みを感じずらくなる原因です。(そのほかβエンドルフィンなどの鎮痛物質が分泌されることも原因でもあります。)

やがて、気持ちが落ち着いてくると交感神経の興奮も落ち着きを取り戻し、やがて冷静になってみると首や腰が痛むなどの現象が起きます。

つまり、血が噴き出すなどの明らかな怪我でない限り、人間は興奮状態になると交感神経が優位になり、
アドレナリンを分泌し痛みの認識が鈍くなってしまいます。

ここで、大事なことは、事故後あまり痛みを感じないからといって「後で医療機関に行けばいいや!」とかたずけてしまうのではなく、
必ずすぐに医療機関にいってしかるべき検査等を受けた方がいいという事です。

当院では、事故後すぐに来院される患者様のために安心して診断を受けることができる整形外科と提携があります。
ですので、事故にあってしまったら当院に来院して頂けると、
紹介状を発行し直ぐに検査等の診断を仰ぐことができます。
また、診断後は当院にて施術も直ぐに行うことができます。

交通事故での治療は早ければ早いほど治りが早いことが多いです。

アドレナリンにごまかされず、お早めに桐生にしで鍼灸接骨院までおこしください。

全力でサポートいたします!!!

一般 ぎっくり腰の正体①

閉じるボタン

ぎっくり腰とは、色々な損傷の状態を総称して言われています。
その様々な損傷状態の中で、最もぎっくり腰として多いといわれているのが筋筋膜性腰痛です。

この筋筋膜性腰痛の主な原因としては、体を酷使するなどして腰部周りの筋肉がオーバーユース(使いすぎ)の状態に陥ったあと
さらに負荷をかけてしまった場合に筋肉が過緊張状態となり痛みを発生します。
筋肉は血流から栄養を得て収縮と弛緩を繰り返し運動を行うものですが、その運動が過剰に繰り返し行われ栄養不足の状態になると疲労物質が堆積してしまいます。その疲労物質が堆積することで筋肉は過緊張状態となります。
また、疲労からくるストレスにより交感神経がみだれ筋肉が過緊張状態になる場合もあります。
その過緊張状態の筋肉が急激に負荷をかけられたらどうなるでしょうか?
固くなった古い輪ゴムを無理やり引っ張ったら切れてしまうように、筋肉またはそれを覆っている筋膜も損傷してしまいます。
これが、筋筋膜性腰痛の原因です。

症状としては、全く痛くて動けなくなるものから動くたびに痛みが出現する程度のものまで千差万別です。

当院では、まず痛みの軽減を図るためにハイボルテージという特殊な電気治療を行います。
このハイボルテージ治療の効果として個人差はありますが、6割程度の痛みをとることができます。
全く歩くことができなかった患者様が帰りは歩いて帰ることができる場合がほとんどです。
しかし、この時の筋肉はまだまだ過緊張状態であることが多いです。
そのため、安静保持のためにコルセットを処方して終了となります。

2日目には、炎症も治まってきている患者様がほとんどなので、痛みの原因である筋肉や筋膜に負荷をかけている動きの悪い関節を調整し治癒の促進と痛みの緩和を図ります。
この時には日常生活は、ほぼ過ごせる状態にまでになる患者様がほとんどです。

3日目以降は、過緊張状態の筋肉を正常に戻す施術を行い腰部のバランスを調整します。
それ以降は、患者様の状態によりさらにバランスの調整を行ったり、直接マッサージやストレッチなどを行い筋肉の状態を整えていきます。

当院ではここで治療の終了とはせず、根本の原因である箇所についてもしっかり施術を行い最後の痛みをなくなるよう努めていきます。
また再発防止のアドバイスもさせていただきます。
ぎっくり腰はほうっておくと痛みが残り、さらにほうっておくと腰椎椎間板ヘルニアなど様々な重篤な疾患の引き金となりかねません。

ぎっくり腰になった場合は桐生にしで鍼灸接骨院まで是非おこしください。
全力でサポート致します。

ムチウチ 交通事故後の背中のが痛い

閉じるボタン

背中の痛みは交通事故後特に追突された際によくある痛みの一つです。

原因としては、後ろから追突された際に首が前方に振られ、その時に首から背中(肋骨)に付着している筋肉が引き延ばされ損傷してしまうことでおきます。また、背骨と肋骨を連結している靱帯が引き延ばされ捻挫状態となり痛む場合もあります。
さらに、その両方を同時に負傷してしまう場合もあります。

症状としては、寝違いをした時のように首を動かしたり肩を挙げたりすることで痛みが生じます。

当院の治療としては、立体動態波やマイクロカレントという特殊な電気治療器を使用して患部の回復促進と痛みの緩和をさせていきます。
さらに、痛みが出ている筋肉や靱帯についてはテーピングを使用して患部にかかる負荷を減らし安静を保つようにします。
数日間はこのような治療を行い、痛みが緩和してくればマッサージや関節の調整等を行い、お身体が
交通事故の前の状態になるよう施術を行っていきます。

背中の痛みを放っておくと筋肉や関節のバランスに異常をきたし、少し体を使っただけで背中に重い痛みが頻繁に出現してしまったり、
最悪の場合は背骨が湾曲するなど歪んだ体になってしまうことがあります。しっかりと治すことをお勧めします。

交通事故のお怪我は受傷後すぐに施術を行った方が回復も早いです。
我慢をせずにすぐに桐生にしで鍼灸接骨院までへお越しください。

全力でサポートさせて頂きます。

 

一般 何かを持ち上げたら肘が痛む

閉じるボタン

肘の痛みで多い症例として外側上顆炎、俗にいうテニス肘があります。
この外側上顆炎の原因とは?

手首を動かす時に使う筋肉は主に手首から肘にかけて付着しています。その筋肉が収縮され手首の運動が行われているわけですが、
テニスなどでボールを打つ際に加わるインパクトの衝撃が繰り返しその筋肉の付着部に加わることで炎症を起こしてしまう。
これが外側上顆炎の原因です。

この外側上顆炎は、テニスだけで発症するものではなく、物を繰り返しもちあげたり、パソコンのキーボードを長時間打ち続けたりしても発症します。
この外側上顆炎ですが自然に治ることは希で、放置していると、症状が長く続く場合が多いです。
また、さらに悪化してしまうと握力まで低下してしまうことがあります。

当院では、この外側上顆炎の治療としてまず強い痛みにはハイボルテージ電気治療をおこない痛みの緩和を図ります。
その後は、痛みが出ている筋肉を特定し、その筋肉に負担をかけている筋膜や靱帯、関節などを調整し回復力の向上を図ります。
調整の方法としては、超音波治療をはじめマッサージや筋膜リリース等の手技による治療を行います。
最後に、日常生活にて負荷をできるだけ最小限にするためサポーターを装着していただきます。
このような治療を継続していき

肘の痛みについてお悩みに方は、ぜひ桐生にしで鍼灸接骨院までお越しください。

交通事故 胸やわき腹が痛い

閉じるボタン

事故後に胸の真ん中のあたりがやわき腹が痛む方が多くいます。
この時、あざができていたり、腫れたりするいわゆる打撲や
胸骨という胸の真ん中にある骨や肋骨が骨折している可能性がありあます。

「なんでこんなところが怪我するの?」と思う方がほとんどです。

この負傷の原因は何かというとハンドルとシートベルトによるものがほとんどです。
衝突時に胸を強くハンドルにぶつけてしまったり、シートベルトが体に食い込んでしまったりして負傷します。
症状としては、体を起こしたりする等の体幹部の動作や、咳くしゃみなどで痛みが生じます。

このような症状があった場合は、当院で問診をした際にしっかりとお教えください。

その際は、提携している整形外科を紹介させていただき、しかるべき検査と処置を受けることできます。
その後は、当院にて後療が行うことができます。(骨折だった場合は医師の指示のもと)

腫れ等の打撲については回復促進効果のあるマイクロカレントと超音波治療によるコンビネーション治療。
骨折については骨癒合を促進(自然治癒に比べて40%骨癒合が早い)効果が認められているライプスという超音波治療器を行っていきます。
そして、打撲、骨折の回復後、痛みをかばって変な体の動きをしてしまうことから、お身体がバランス異常をきたしていますので調整をおこない改善を図ります。

胸の痛みやわき腹の痛みについても、ぜひ桐生にしで鍼灸接骨院までご来院ください。
全力で回復をサポートいたします!!!

一般 歩き始めに膝が痛い原因

閉じるボタン

高齢に伴うにつれて痛みが顕著に出やすいのが膝の内側です。特に女性の方が多いです。
この膝の内側の痛みの原因は、軟骨がすり減って骨同士が衝突して痛みを伴うというのではなく!!!

ずばり関節包(かんせつほう)などの膝を構成している軟部組織の捻挫状態が原因と考えられています!!!!

以前は前者が通説でした。近年、様々な検査方法が確立され後者が有力と考えられています。
さて、その痛みメカニズムとは、膝のO脚やX脚などの膝の変形にあります。
膝がO脚やX脚になることで膝の周りを覆っている関節包や靱帯などが捻じれる等の異常な状態になります。
そして、その異常な状態のまま歩行や日常生活をおくりやがて関節包や靱帯に負担がかかり炎症を伴う捻挫状態になります。
この時は歩いたり曲げ伸ばしするだけで痛みが伴います。

やがて膝を修復する際に痛めていた関節包や靱帯は元の柔らかい素材のものではなく
固い柔軟性の低下した組織として修復されていきます。しかも感覚神経が多数形成され痛みに対して敏感な状態になります。
この状態では、歩き始め等の初動作時に固い関節包や靱帯が延ばされ痛みが生じ、やがて組織がある程度ストレッチされ痛みがとれてきます。
これが、歩き始めの膝の痛みの原因です。
また、このような状態で再び歩きすぎるなど無理をした場合に固い組織が急激に引き延ばされ再び捻挫状態になります。そしてまた修復され固い組織となります。
この繰り返しにより慢性的な膝の痛みと言われる状態になります。
慢性的とはいうものの実際は急激な捻挫を繰り返しているのです。

このような痛みのループから脱却するにはどうすればいいでしょうか?

桐生にしで鍼灸接骨院では固くなった組織をゆっくりと柔らかくすることができる超音波治療を行っております。
また痛み自体を緩和するハイボルテージ治療器も痛みの度合いによって使用いたします。
最終的には関節の調整を行いO脚X脚の改善をはかり痛みを緩和させる施術を行っています。

この方法がベストだと考えます!!!

一般 転んで手をついたら手首が痛い

閉じるボタン

手首が捻挫もしくは骨折している可能性があります。
手首は様々な靱帯で補強されておりまた、軟骨のクッションのようなもので衝撃を吸収するようにできています。
しかし、転んだ時の衝撃が強いまたは体重が重いなどの原因でそれらの組織が損傷されまたは骨折し痛みが生じます。

捻挫時の治療としては、組織の修復能力を高めることができるマイクロカレントという電気治療を行いながら同時に超音波治療を行います。
超音波治療とは組織を細胞レベルで刺激することにより回復能力を高めることができる治療器です。
そして、最後に痛みが軽減するように固定をして安静を図ります。

また、仕事やスポーツなどにより安静が保てない場合は、患部の周囲関節を調整してできるだけ患部に負荷がかからないようにします。
そしてマイクロカレントと超音波のコンビネーション治療を行い、支障でない最低限の固定を行います。

手首の捻挫を治療しないで自力で治そうとすると痛めた靱帯が慢性化し雨の日に痛みが出るなどの後遺症が出てしまうのでご注意ください。
また手首の痛みで最も注意が必要なのはご高齢の方です。
ささいな衝撃でも骨折している可能性があります。
「捻挫だから放っておけばそのうち良くなるだろう」と思い込んでいて実際には骨折だったことはよくあります。
そして、放っておいた間に骨が変形したまま癒合しまうなんてこともよくあるのでご注意ください。

転んで手首に痛みが生じたらぜひ桐生にしで鍼灸接骨院までご来院ください。

腰痛 ぎっくり腰になったら

閉じるボタン

ぎっくり腰には何種類かありますが、まず何をするかは共通して同じです。
まず、接骨院や整形外科に行ってくださいといいたいですが、
行く前にまずは、患部を冷やすアイシングや湿布を張る。あとコルセットなど腰を固定するものがあればそれを装着して医療機関に向かうのがベストだと思います。
もちろん何もしないで当院に来院されてもアイシング等の応急処置は行いますが、
その後の治療としては、まずハイボルテージ治療にて痛みをある程度抑えます。
そして、痛みの原因がどこにあるのかを探り調整を行います。

当院では、大体の患者様は3日くらいである程度痛みが緩和していきます。
また、怪我の前の状態に体が戻るのは1~2週間くらいが平均です。(本人の体格、職業によってもちろん個人差はあります)

因みに、何もしないで安静にしてある程度身体がよくなるまでの期間は平均で3週間から1か月と言われています。
ぎっくり腰になったら我慢をせず当院(桐生にしで鍼灸接骨院)などの医療機関に絶対に行くべきです!!!

〒376-0021 
群馬県桐生市巴町2丁目5−19 織姫ビル 1F

〔駐車場案内〕

  • ・「JR桐生駅南口」より信号直進、「当院ビル裏に駐車場3台有り」
  • ・「JR桐生駅南口」より信号直進、「東進衛生予備校様 裏に駐車場6台有り」

カラダの不安や悩みお気軽にご相談ください

駐車場がわからない方は、以下にご連絡ください。ご説明いたします。
0277-46-9992
メールフォームでご相談

Copyright © 2016- 桐生にしで鍼灸接骨院 All rights reserved.

にしで接骨院のページトップボタン